会社案内

ご挨拶

 お客様に「ありがとう」を、言って頂けることを目標に当社は1961年より皆様のご愛顧のもと、操業させて頂き半世紀以上地域に貢献させて頂いています。
 当社は自動機による大量生産から、手動ラインによる特異形状へのめっき処理加工を行なっており、電気亜鉛めっき処理を主力に無電解ニッケルめっき処理への展開へと、お客様の要望に沿った表面処理加工を手掛けております。
 これからも更なる適正品質・適切コスト・希望納期対応での加工提供を目指し、ものづくりに必要であり続ける企業であり、ものづくりに必要な製品をめっき処理加工を行い、更なる地域貢献を続けます。

社  名 山崎研磨メッキ有限会社

本社工場

〒701-0145
岡山県岡山市北区今保827
電話 086-241-0800 FAX 086-241-8990

柵原工場

〒708-1527
岡山県久米郡美咲町柵原174-1
電話 0868-62-0711 FAX 0868-62-0715

資 本 金 7,000千円
代  表 代表取締役  山﨑 徹也

主な取引先

(敬称略)

曙ブレーキ山陽製造(株)
(株)ニッカリ
ヒルタ工業(株)
みのる産業(株)
ヤンマー(株)
他県内外優良企業 

取引銀行

香川銀行 岡山支店
中国銀行 岡山西支店
トマト銀行 庭瀬支店

機械設備

●本社工場
 ・静止亜鉛めっき処理装置
 ・バレルめっき処理装置
 ・ベーキング処理機

●柵原工場
 ・静止無電解ニッケルめっき処理ライン
 ・静止電気亜鉛めっき処理ライン
 ・溶融亜鉛めっき処理ライン
 ・ベーキング処理機

測定機器 ・蛍光X線式膜厚測定器
・渦電流式膜厚測定器
経営理念
経営理念

沿革

1961 10   岡山市西古松に『山﨑 輝夫』個人にて研磨加工を操業
1962 10   山崎研磨メッキ有限会社設立 資本金30万円
1964 3   バレルめっき装置にて亜鉛めっき処理加工に着手
1977 11   資本金400万円に増資
    12   岡山県の斡旋により『同和鉱業(株)柵原鉱業所』の一部を収得し柵原工場を新設
1978 3   全自動バレル亜鉛めっき装置を新設し『柵原工場』として操業
1990 7   他社めっき工場廃業に伴い、土地・建物・設備を購入『今保工場』として操業
1997 4   大元本社工場を閉鎖し、今保工場を本社工場とする
1999 12   資本金700万円に増資
2009 3   代表者交替  取締役会長 山﨑 輝夫   代表取締役 山﨑 徹也
2014 4   柵原工場に於いて、平成24年度ものづくり中小企業・小規模業者試作開発等支援補助金事業で『無電解ニッケルめっき処理』及び『リン酸マンガン処理』に着手
2015 5   本社工場に於いて、平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業『超音波洗浄工程導入によるめっき品質の高度化』で静止めっき処理装置に長さ3,000 × 高さ800までの処理物に対応可能な超音波洗浄工程を導入
           
           

 

地図

 

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話086-241-0800

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ